シアリスは、今年で誕生17周年

eye

前立腺肥大症も同時に治療が可能なシアリスは、今年で誕生17周年になります。

勃起不全治療薬というと、治療前の男性たちはバイアグラを思い浮かべる。ところが、実際に市販されている中ではイーライリリー社が発売したシアリスが多く売られている。それにも関わらずシアリスの製造は、市場占有率1位ということ広告していないという。

服用後4〜6時間効果を持続するバイアグラに比べ、2003年に初めて発売されたシアリス20㎎は最長36時間効果を持続するED薬であるため、性行為の直前に急いで薬を用意し飲む必要がない薬です。金曜日の夜に服用すると週末に薬を再度飲む必要がないので、Weekend Pillという別名があります。このような服用法は日常生活に自信を与え、シアリスが人気を得ている要因になっています。

3年前にバイアグラの特許が終了し、ジェネリック薬が発売されました。海外では約1年前にシアリスの特許が終了しジェネリック薬が発売され、シアリスジェネリックであるタダラピルの市場シェアは、シアリスをに代わって急速に増加していします。

  シアリス5㎎は、アメリカ政府から勃起不全と前立腺肥大症を同時に治療が可能な薬として承認されました。

慢性疾患の治療の際に薬を毎日一錠ずつ飲むように、例えば高血圧の薬を毎日飲むように、シアリス5㎎も毎日服用している人が増えているそうです。今はジェネリックが発売されたので、タダラフィル5㎎を毎日服用しているでしょう。通常服用する20mgの4分の1にしかならない容量であるため、顔が赤くなる、心臓血管への負担があるなどの副作用はほとんどありません。

一部では、24時間セックスをすることもないのに毎日飲む必要があるのかどうかについて疑問があります。

メーカーのイーライリリー社は、勃起不全は性生活にのみ影響を与えるのではなく、男性は勃起ができないと自分の性的魅力が失われたと感じると言っています。勃起ができないと何事にも情熱的でなくなり生活にマイナスの影響を与えることがあり、それはうつ病に発展する可能性があるそうです。

毎日飲むのでタダラフィルやバイアグラなどのED薬を精力剤と考えている男性がいますが、ED薬を毎日服用すると精力が強くなるわけではありません。

勃起不全を患う男性の中にはクリニックで治療することを恥ずかしく思っている場合がありますが、勃起不全は多くの人々が苦しんでいる一般的な疾患です。自然な老化の過程の一つであり、糖尿病や高血圧のような慢性疾患の一つであるため、適切に管理し治療すれば普通の生活をすることができる疾患です。

新宿や近所の泌尿器科を訪問してシアリスやレビトラ、またはバイアグラについて問い合わせてみましょう。