結論は、、

eye

ED治療薬のこの薬を服用すると、副作用として視力が減退することがあるという事実をご存知でしょうか?

特にシアリス5mgは毎日服用している場合には、医学界では視力に関連する副作用の懸念がありました。6ヶ月間継続的に毎日バイアグラやシアリスを服用している場合、服用前と比較して視力の損失や目に関連する合併症が発生する可能性があるということです。

ある研究ではそれを証明するために、ED治療薬であるバイアグラ50 mgまたはシアリス5 mgを健康な男性を対象に投与実験をしました。珍しいことに、この実験ではレビトラの実験はしませんでした。

実験は6ヶ月間行われましたが、勃起不全の治療薬を服用した人や偽薬を使用した人のすべては、角膜疾患、視力、視力の機能テスト、眼球内の圧力に問題がなく解剖学的にも目に大きな変化がありませんでした。そのため、ED薬であるシアリスを心配することなく購入して安心して使用することができます。

結論は、バイアグラやシアリスのようなED治療薬を6ヶ月間使用しても、視力が損なわれることがないということです。また、目に関連する合併症も発生していません。

バイアグラの成分であるシルデナフィルとシアリスの成分であるタダラフィルは、ホスホジエステラーゼ タイプ5抑制薬として、陰茎の拡大を妨げる体内の血管の妨害酵素を抑制し、血管が拡張し血が血管に流れ込むことで勃起障害を治療します。しかし、PDE5抑制薬の成分が目の網膜と類似した化学構造のため、これが網膜に作用し長期的に服用することで視力を損傷させたり、悪影響を目に与えるかもしれないとされて来ました。

実際にバイアグラを服用している人たちの中には、まれですが瞬間的に視力が低くなったり、視界が青色を帯びるように見える現象が報告されています。この現象は、薬の説明文にも注意事項で視覚に関する副作用として掲載されています。

この視覚の異常現象は、薬の効果が消滅すると同時に消滅とします。